ブライダルの思い出
a0061880_10501163.jpg今では双子連れなので道ばたで見知らぬ人に声をかけられる事が多くなりました。それまでは歩いていて話しかけられる事など殆どなかったのですが、大きな花束やブーケを運んでいる時は微笑まれたり話しかけられたりしました。子供とお花の力はすこいなぁ・・と感心するばかりです。
友人のブーケを運んでいる時の少し嬉しい思い出です。
その日も必死に頼まれたブーケやご両親に贈る花束を両手に電車に乗り込みました。披露宴に呼んでもらっていたので自分の支度とお花の用意でへとへとに疲れ、周囲のことなど気付きませんでした。無事目的の駅に到着してホテルへ向かおうと歩き出した時、とてもお上品な奥様と私と同世代くらいの女性の親子連れに声をかけられました。乗り込んだ駅からずっと見ていたそうです。私の作ったブーケや花束をとても気に入って下さった様子で、ショップや教室をしているのかと聞かれました。あいにくどちらもしていないと答えると、「あの辺りでこんな素敵なブーケや花束を置いているお店や教室があったらいいなと思ったの・・」と残念そうに去っていきました。
少し自慢話めいていますが、私にとってはとても嬉しい出来事でした。
[PR]
by sarah720 | 2005-12-17 11:20 | flowers
<< きらきら 双子 >>