Russia・・・・Sankt-Peterburg・・
a0061880_21542417.jpg


ネヴァ川の夕焼け




ロシア第二の都市サンクトペテルブルグ。
1918年モスクワに遷都するまでの約2世紀のあいだ
ロシアの政治、経済、文化、芸術の中心でした。
建物の高さも一定に制限され
街には運河が発達し
北のヴェニスと呼ばれているそうです。
確かにとても綺麗な街でした。
そんな美しい街に向かう途中
いろんなハプニングが起こりました・・・



モスクワですっかり遊び疲れた女性ふたり。
サンクトペテルブルグに向かう飛行機を待っていました。
もうロシアの空港にも慣れて、ちょっとうたた寝。
ようやく航空券を搭乗券に替える時に教えられたチェック・インの時間
間に合って搭乗ゲートに向かったはずだったのですが・・・
券を見せたときの係りの人の驚いた表情!
もう間に合わない・・・なんて言うのです。
そう、よくよく考えてみると確かに出発時間から考えて遅い時間。
なんと1時間、間違っていました。
それでも少し幸運だったと思えるのは
その日の最終便がまだ一便残っていたことと白夜だったことです。
ロシア語を話せる友人が必死に掛け合ってくれて、なんとか次の便に乗り
サンクトペテルブルグに到着したのはかなり遅い時間だったのですが
11時頃まで明るい白夜だったので、少し恐ろしい気分がマシでした。

さて、よく落ちるというロシアの国内線。
乗ってまず驚いたのはシートベルトが壊れ使えなかったこと。
そして、ちょっとした振動で荷物の棚がガタンと開くこと。

命からがら着いたサンクトペテルブルグの空港で
乗り遅れた私達を送迎の車が勿論待っているはずもなく・・・
日本人女性ふたりがこんな夜遅く(確か10時位)にタクシーの乗って
果たして目的のホテルに着けるのか?
最悪の想像をしつつ
友人がアーミーの若い男の子にあのタクシーは大丈夫かと確認。
それでも安心できなくてビクビクしながらホテルへ。
無事到着した時は嬉しさと安堵で涙が出そうでした。

翌日気をとりなおして街へ・・・
とっても綺麗な街だと気がつきました。
a0061880_22273372.jpg
ヨーロッパのように
古くて綺麗な街並。


a0061880_22345222.jpg





グリーンの綺麗な公園。
この公園や運河のほとりでビキニ姿で日光浴をする光景を見ました。
寝ころんで本を読んだりしていました。

ネヴァ川のクルーズ。
a0061880_22404953.jpga0061880_22414740.jpg





遊覧船で黄昏る友人・・・
と書きたいところですが、実はモスクワの最終日くらいから
お腹の調子が悪かった友人。
この頃には、かなりグッタリ。
あんなにしんどいのに、まだ少しお腹の強かった私は気付かずに
つきあわせてしまいました。ごめんね。
アジアの屋台で一杯食べても平気だった私も翌日にはやられてしまいました。

a0061880_22475290.jpg
ちょっとお手洗いでお世話になった
ロシアのマクドナルド。



エルミタージュ美術館もそこそこに・・・
そして偶然入ったのか、友人が知っていて連れていってくれたのだったか
素敵なカフェに入りました。
そのお店の奥では
a0061880_22501451.jpg

優しい音色。
お茶を飲みながらの優雅な時間。


そう言えばモスクワの地下鉄でも
学生達がヴァイオリンなどの綺麗なクラッシックを演奏していました。
芸術的で美しい街。

a0061880_2256266.jpg

ロシアに行こうと誘ってくれる友人なしでは
こんな素敵な体験をすることはできませんでした。
本当にありがとう。
今までで一番心に残る旅でした。
またいつの日か一緒に旅しようね・・・
[PR]
by sarah720 | 2006-03-23 23:08 | 旅でのこと
<< 春の足音 Russia・・・Moscow・・・ >>