小さいときから考えてきたこと
小さいときから考えてきたこと
黒柳 徹子 / 新潮社

2ヶ月近くかかってようやく1冊読み終わりました。
それでも少しづつ本を読む余裕もできてきたので
読んでみて良かった本なども時々紹介してみたいと思います。

お義母さんがプレゼントして下さったこの本
大切な事にふたつ気付かされました。

まずひとつは、子供の頃自分も今とあまり変わらず
色々な事に気付いたり考えていたこと。
今、子育てをしていると
ついまだ子供は小さくて分からないなどと思ってしまうのですが
自分が子供の頃、大人は分からないと思っているけど
本当は知ってるよって思うことがどれ程あったか・・・
そして自分が子供の頃に考えていたことをたくさん思い出しました。

そして、もうひとつ
世界の子供達の87%が発展途上国で暮らしている・・・
私にとっては衝撃的な事実でした。
ユニセフの親善大使として黒柳さんが訪ねた
今なお内戦が続く地域や貧困のなかで暮らしている子供達の様子。
そんな中でも決して希望を忘れない子供達の様子。

もちろんこのふたつ以外にも
色々なことを感じ、考えさせてくれる本でした。
子育て中の方に是非お勧めの一冊です。
昔好きでよく読んだ『窓際のトットちゃん』
久しぶりに読み直してみたくなりました。


[PR]
by sarah720 | 2006-05-10 10:43 | book
<< イマイチ・・・ お花と鯛めし >>