try to understand
Giving Tree
Shel Silverstein / Harpercollins Childrens Books

いい先生との出会いとは
後になればなる程
とても貴重だったと感じさせられるものですね。
カナダへ行く少し前、ハワイ出身の日系二世の先生のクラスで
先生が繰り返し言っていた

Try to understand!
Then understood.

という言葉。
異文化で暮らす時はもちろん
むしろ日本にいても常に私の頭から離れませんでした。
「分からない」「理解できない」と言っていても仕方ない。
「そういうこともあるんだ」とちょっと角度を変えて考えてみたり
理解しようとして初めて歩み寄れることがたくさんありました。

この本は、その先生が紹介してくれたものです。
少年を愛した木は少年に自分が与えられる物全て与えていきます。
そして木はとても幸せなのです。
愛を感じる、優しい絵本です。
本の内容も勿論素晴らしいのですが
先生が更に紹介したかったのは
この優しい素敵な絵本を書いた作者でした。
どんな人がこの本を書いたと思いますか?

a0061880_119939.jpg作者Silversteinさんです。
一般的な絵本作家さんのイメージとは
違う気がします。
いかに自分が偏見を持って
人を見ているかという事を
改めて感じさせられました。

先生が教えてくれた素敵な言葉や本
これからも時々思い出して生きていきたいです。
[PR]
by sarah720 | 2006-08-20 23:46 | book
<< 南の楽園 スタイ&お洋服 >>