マクロビな結婚記念日
a0061880_23353612.jpg
今年の結婚記念日はいつもと違うおうちディナーになりました。

この日のメニューは・・
全粒粉のクラッカー&豆腐のピーナツディップ、カボチャのディップ
野菜のテリーヌ
玄米ご飯の野菜詰め焼き
里芋のほっくりスープ

マクロビオティック・・私とは無縁の世界と思っていたのですが
始めるきっかけとなったブログ玄米菜食bio
とても素敵にマクロビのこと、お料理や生活のことを紹介しています。




家での食事にマクロビオティックを取り入れたきっかけ
双子達はもともとアレルギー体質なのですが
特にひとりは風邪の後、喘息の症状が出るようになったことでした。
ある本によると免疫力を高めることによって
アレルギーや喘息の症状が薬を使わずに緩和できるそうです。
免疫力を高めるには
もちろん運動すること、寝ることが大事なのですが
何より体温を高く保つことが大切だそうです。
体温を高く保つには、腹巻きをする、食事を工夫する。
玄米菜食、砂糖を使わないマクロビオティックの考え方があてはまるようです。
食物を陰と陽に分類して、その調和で健康を保つというマクロビ。
陰は体を冷やし、陽は体を温めてくれるのです。

私もまだ少し本を読んだだけなので
あまり難しいことは分からないのですが
とにかく実践してみよう!ということでした。

今回、参考にした本
マクロビオティックひとりレシピ
御園 あき / / 講談社

ひじきこんにゃくをアレンジしたサラダや煮物
スープが美味しかったです。


でも、この日のディナー、メインの玄米ご飯にレーズン
私も旦那さんも得意ではなかったのです。
酢豚にパイナップルとか・・^^;
やっぱりマクロビは和食でいいなぁという感想でした。

注)おそらくきちんと作られたものは美味しいのだと思います。
慣れない私の調理がまずかったと思われます。
[PR]
by sarah720 | 2008-11-10 23:34 | macrobiotic
<< チュニック&巻スカート 七五三詣り >>