カテゴリ:book( 8 )
読書の秋が・・
a0061880_0351847.jpg
涼しくなってくると、ぼんやり雑誌を読んだり
何か本を読みたい気分になって
ついつい本屋さんへ足を運んでしまいます。
今回も天然生活のインテリア本でも買おうと思っていたのに
気がつくとソーイング関係の本ばかり^^
なかでもC&Sさんの『布屋のてづくり案内』がお気に入りの1冊に・・
パリの素敵な街並み。
そして親子お揃いのマカロン色フレンチカットソー。
しばしトリップしてしまいました(笑)
a0061880_042894.jpg

思わず購入(爆)
単純すぎますね^^
大好きな秋色ピンクのフレンチフライス
肌触りもたまらなく良かったです。
お裁縫の秋になりそうです。
[PR]
by sarah720 | 2008-09-14 00:20 | book
西の魔女が死んだ
西の魔女が死んだ (新潮文庫)
梨木 香歩 / / 新潮社




先日、お義母さんが双子達にお手製の本を持ってきてくれた時
私にも、この本を読んでみてと持ってきてくれました。
ちょうど読んでみたいなと思っていたので嬉しかったです。

風の気持ちいい日の午後
双子達がよくお昼寝をしてくれたので
その間に読めてしまいました。

とても文章が、情景が綺麗でした。
西の魔女(主人公のおばあちゃん)の家のナチュラルなライフスタイル、庭の美しさ
想像でしかないけど、ちょっと憧れてしまいます。
映画も話題になっているとか。見てみたいです。

きっとこれから子育てをしていくしていくうえでとても参考になる・・
でも、そんな事より、久しぶりに昔感じていた色々なことが
鮮明に蘇ってきて、不思議な気持ちになりました。

More
[PR]
by sarah720 | 2008-07-23 23:56 | book
秋と言えば・・・
サイゴンから来た妻と娘
近藤 紘一 / 文藝春秋




秋と言えば、読書の秋、食欲の秋、芸術、スポーツ・・
皆さんはどんな秋をお過ごしですか?
私はすっかりここ最近読書の秋になっていました。
小説・エッセイ・育児書etc
色々読んで、久しぶりにもう一度読んでみたいと思い出した
お勧めの一冊を紹介します。
旦那様から初めて紹介してもらった記念すべき一冊です(笑)

ベトナム戦争終結の間際にサインケイ新聞の特派員として
ベトナム入りした著者のノンフィクション体験が
重すぎず、ちょっとコミカルに描かれていました。
ベトナムでベトナム人女性と結婚し、その前夫の娘とともに日本で生活する一家。
さまざまな文化の違いからくる騒動や著者の驚き。
それらがあたたかく、楽しく伝わってきます。
きっと著者の家族への愛情が文章に現れているのでしょうね・・
家族っていいなと素直に感じられる一冊でした。
この本を読んで以来、ずっとベトナムに行きたいと思い続けているのですが
未だ果たせずです。いつか行きたいな・・
[PR]
by sarah720 | 2006-09-20 23:08 | book
recipe
“毎日のように焼き続けてやっと見つけだした”ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピ―超人気お菓子サイトたかこ@caramel milk teaさんの
稲田 多佳子 / 主婦と生活社




“何度も試作してようやくたどりついた”ほんとうに作りやすい焼き菓子レシピ―超人気お菓子サイトたかこ@caramel milk teaさんの
稲田 多佳子 / 主婦と生活社




たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ
稲田 多佳子 門間 みか / 宝島社




私が最近、もっぱら参考にしているレシピです。
このブログを通じて知り合った
本当にお料理上手の方々から教えてもらった本です。
みなさんがまるで見本の写真と同じように作っていることに
ただただ感心するばかり・・・
比較的作りやすいレシピが多いうえに
私好みのパンやお菓子が多いように思います。
ブログを始めるまでパン作りやお菓子作りに無縁だった私に
ちょっとした日々の楽しさを教えて下さった皆様
本当にありがとうございます。
[PR]
by sarah720 | 2006-09-11 12:53 | book
try to understand
Giving Tree
Shel Silverstein / Harpercollins Childrens Books

いい先生との出会いとは
後になればなる程
とても貴重だったと感じさせられるものですね。
カナダへ行く少し前、ハワイ出身の日系二世の先生のクラスで
先生が繰り返し言っていた

Try to understand!
Then understood.

という言葉。
異文化で暮らす時はもちろん
むしろ日本にいても常に私の頭から離れませんでした。
「分からない」「理解できない」と言っていても仕方ない。
「そういうこともあるんだ」とちょっと角度を変えて考えてみたり
理解しようとして初めて歩み寄れることがたくさんありました。

この本は、その先生が紹介してくれたものです。
少年を愛した木は少年に自分が与えられる物全て与えていきます。
そして木はとても幸せなのです。
愛を感じる、優しい絵本です。
本の内容も勿論素晴らしいのですが
先生が更に紹介したかったのは
この優しい素敵な絵本を書いた作者でした。
どんな人がこの本を書いたと思いますか?

a0061880_119939.jpg作者Silversteinさんです。
一般的な絵本作家さんのイメージとは
違う気がします。
いかに自分が偏見を持って
人を見ているかという事を
改めて感じさせられました。

先生が教えてくれた素敵な言葉や本
これからも時々思い出して生きていきたいです。
[PR]
by sarah720 | 2006-08-20 23:46 | book
わたしのマトカ
わたしのマトカ
片桐 はいり / 幻冬舎
以前紹介した、黒柳徹子さんのエッセイ
『小さいときから考えてきたこと』にこんなフレーズがありました。
「雨の日に家族みんながおうちにいて
笑って過ごしている時、とても幸せに感じた」
本を見て書いているわけではないので
ちょっと違う文章だったかもしれません。
私は、昔から、近頃の梅雨のようなお天気の日におうちにいて
本を読んでいると、あ~今日は出掛ける予定がなくて良かった
と、とても嬉しくなります。
雨の日は双子もよく寝てくれます。
今読んでいる本は、片桐はいりさんの『わたしのマトカ』
妹が貸してくれた本です。
話題の映画『かもめ食堂』のロケ中、フィンランドでの滞在中の日々について
女優さんの書いた本なので、どうかな・・・と思っていましたが
旅好きには、たまらない一冊です。
以前から行ってみたかった北欧。
ますます行きたくなってきました。
a0061880_1722347.jpg
この本のデザインも素敵です。
柄や色が北欧風
妹がみつけた、キノコの絵が可愛いです。
[PR]
by sarah720 | 2006-05-23 17:08 | book
絵本
さいたさいた
とりごえ まり / 金の星社



友人が双子達にプレゼントしてくれた可愛らしい絵本の紹介です。
a0061880_17415234.jpgぞうさんがお花を咲かせようと
必死になってお花を守ります。
お花が咲いたときのぞうさんの嬉しそうな顔!
なんだか幸せな気分になる絵本です。

くもくん
いとう ひろし / ポプラ社




くもくんには悩みがあります。a0061880_17444626.jpg
だけどそれが自分の良さだと気付きました。
ほのぼの。
ちょっと嬉しそうなくもくんの顔が素敵です。
くもくんとのんびりお空の旅を。

本のお礼に・・・
[PR]
by sarah720 | 2006-05-18 17:49 | book
小さいときから考えてきたこと
小さいときから考えてきたこと
黒柳 徹子 / 新潮社

2ヶ月近くかかってようやく1冊読み終わりました。
それでも少しづつ本を読む余裕もできてきたので
読んでみて良かった本なども時々紹介してみたいと思います。

お義母さんがプレゼントして下さったこの本
大切な事にふたつ気付かされました。

まずひとつは、子供の頃自分も今とあまり変わらず
色々な事に気付いたり考えていたこと。
今、子育てをしていると
ついまだ子供は小さくて分からないなどと思ってしまうのですが
自分が子供の頃、大人は分からないと思っているけど
本当は知ってるよって思うことがどれ程あったか・・・
そして自分が子供の頃に考えていたことをたくさん思い出しました。

そして、もうひとつ
世界の子供達の87%が発展途上国で暮らしている・・・
私にとっては衝撃的な事実でした。
ユニセフの親善大使として黒柳さんが訪ねた
今なお内戦が続く地域や貧困のなかで暮らしている子供達の様子。
そんな中でも決して希望を忘れない子供達の様子。

もちろんこのふたつ以外にも
色々なことを感じ、考えさせてくれる本でした。
子育て中の方に是非お勧めの一冊です。
昔好きでよく読んだ『窓際のトットちゃん』
久しぶりに読み直してみたくなりました。


[PR]
by sarah720 | 2006-05-10 10:43 | book