カテゴリ:旅でのこと( 23 )
カナダ横断
地平線の景色を紹介すると、カナダの旅について書きたくなりました。
バンクーバーからVIAという列車に乗って
約3日間、昔のJRの特急並に直角の座席に丸まって寝ました。
カンディアンロッキーを越えて
果てしなく続くような平地
そして暫くすると都会になっていきます。

オタワ、監獄のユースホステルに泊まり
イギリスからの可愛い二人組とビールを飲みに行きました。
トロント、レンタカーをとばしてナイアガラへ。
ケベック、フランスの言葉や文化が残る素敵な街。
a0061880_22395936.jpga0061880_2240975.jpg






モントリオール、都会なのにのどかで綺麗な街。
スイスのバーゼルからの一人旅の女の子に出会い
美術館や大学を一緒にまわりました。
a0061880_22444122.jpg


気があって
いっぱいお話して
また西側へ帰る時も
私と一緒の列車に

a0061880_22492558.jpg







帰りの列車では、彼女の他に
カナダの女性、ヨーロッパからの男性とも知り合い
色んな出会いのある素敵な旅になりました。
[PR]
by sarah720 | 2006-01-22 22:54 | 旅でのこと
一輪のバラ
先日スイスの写真を見て思い出しました。ドイツにいる友人に会いに行く旅でのことです。
スイスの街をまわって北上し、フランクフルトから更に北へ。
ハノーバーという都市から小さい列車でビリフェールドという街に向かう途中でした。
もうハノーバーではほとんど日本人やその他のアジア系の人がいなかったので
すらっとしたドイツの人達にちらちらと珍しそうに見られたのを覚えています。
私が日本人だったからなのか、腰まである大きなバックパックを背負っていたからか・・
その小さな列車で一人の韓国人に出会いました。
彼は大きなバラの花束を抱えていました。
はじめ彼は韓国語で私に話しかけ、私が日本人だと言うと、ドイツ語なまりの英語で話してくれました。この街に来て20年近くアジアの人はほとんど見かけなったそうです。
食堂車で私にコーヒーをごちそうしてくれて、大きな赤いバラの花束から一輪抜いて私にプレゼントしてくれました。その花束は、その日奥様との何度目かの結婚記念日でそのお祝いに買ったと教えてくれました。なんて素敵・・・。奥様の為のお花、一輪でももったいないから遠慮すると言うと、それがまたアジア人らしくて嬉しいと笑いました。a0061880_9433565.jpg
彼はニコニコしながら何度も「今日はいい日だ。アジアの仲間に会えるなんて」と言いました。私もそんな素敵なお花の一輪をもらえて、幸せまで分けてもらったような気分です。
お天気も良くて、列車から見えるのどかな田園風景もあって、とても幸せでゆったりとしたひとときでした。ほんの一瞬の旅の思い出。だけどこんな出会いが、また旅に出たいと思わせるのかもしれません。
[PR]
by sarah720 | 2005-12-12 09:51 | 旅でのこと
The dog called "Bear"
クリスマスシーズンになると思い出すのがアラスカの旅です。
暖かいロッジのおじさん達のもてなしやオーロラにつてはまたいつか書くことにして、今回は犬の話。行動力のある友人が手配してくれたロッジで私達を出迎えてくれたのが大きな犬のベアー。名前の通り熊のように大きくて優しそうです。昔から大きな犬と小さい犬が大好きな私は早速飛びつき、犬を飼ってる友人も勿論大はしゃぎ。その様子を見ていたロッジのおじさんが私達にベアーと散歩に行っておいでと言ってくれました。a0061880_1132391.jpg楽しく散歩に出かけた私達に待っていたのは・・・そうベアーは力の弱そうな私達を知っていたのです。まんまと逃走しました。これは大変と、なんとか自分達で探そうと頑張りましたが、そこは全く異国の地アラスカです。仕方なくロッジに帰ってその話をするとおじさん達はすぐに探しに行きあっという間に見事ベアーを見つけて連れて帰ってきました。良かった~。帰りはおじさん達とベアーで見送ってくれました。オーロラの見えるロマンチックなアラスカで、なんとも間抜けな、でもちょっと楽しい思い出でした。
[PR]
by sarah720 | 2005-12-05 11:18 | 旅でのこと